阪井忍調査事務所 http://tantei-sakai.com/
CAKDLO25.jpg
人探し・浮気調査女流探偵阪井忍の裏話
http://ameblo.jp/tantei-sakai/
大好きなフラのこと、日々の思いなどをつづってます。揺れるハート
CAGT397K.jpg
2010年05月21日

『素直になれなくて』ーナカジと桐子の不倫の結末は?

毎週木曜日は瑛太さんを見るデーとなっている探偵阪井です。

昨夜もドラマ『素直になれなくて』観ました。

瑛太さんが不・不倫ですか・・・・

探偵阪井は、ショックです。

ドラマの中でのお話ですが、先週、探偵がナカジ(瑛太)と桐子を盗撮。

カシャ・カシャの音とナカジの部屋から出てくる桐子とナカジの映像。

凄いタイミングのツーショット。

しかも、写真撮って下さい的な建物(笑)

現実は、なかなかマンションからの出入りの写真を撮るには技術がいりますし苦労します。

特に外から見えない設計マンション。

廊下があり左右に部屋が分かれているところ。

実際に私の幼馴染のモテ男さんは、彼女のマンション選びの時に、なぜこのマンションを購入したかを自慢気に話してました。

その内容は、外部からどの部屋に入室したか判らないからとの事。

浮気男は、あなどれない!!

しかし、そんなことで探偵は、めげませんよ(笑)

ドラマ『素直になれなくて』にもどりますが・・・

結局、今週、夫に不倫がばれてしまい桐子がナカジに別れ話をします。

むちゃ切ないシーンのはずが、公私混同の探偵は、ひとりむかつく!

ナカジの気持ちは、こらぁ〜〜瑛太さんがかわいそう・・・なんて

全く冷静さをかく探偵阪井でした(笑)

桐子がナカジに「ひとりだけに愛されていても退屈する」と・・・

いやはや、何と言う、ゆとり発言。

結局、今の裕福な生活が捨てられない桐子は、夫のもとへ。

そして決めの別れ言葉が「夫は、私を愛している」

まっドラマなので今後の展開がわかりませんが・・・

現実では、妻の浮気がバレタ場合、特に夫が探偵に依頼をした場合
は、離婚率が高いです。

浮気に関しては妻の方が寛容なようです。

やはり、男性は、きびしいです。

そりゃそうですよね。

自分は、働いて家族を養っているのに専業主婦でお稽古事までして、ゆったり暮らしている上に浮気されたら夫はショックですよね。

桐子の夫は、今後どうするのでしょうか?

桐子も勝手だなぁ。

ハルちゃんに嫉妬して自分の手首切ってハルのせいにしたり、ハルを呼び出したり。

しかし、この桐子の行動を見て思い出しました。

8歳年下の男性と不倫していた女性が、同じ行動をしたのを・・・

彼女は、夫から離婚されましたが・・・なんと・・・

年下の彼氏と2年後に結婚して幸せになっています(^^)v

このドラマを観ていると瑛太さんの世界に浸る前に探偵に戻ってしまうことが多い探偵阪井です(とほほ)

瑛太さん次回からのドラマ作品は不倫なしでお願いします(*^_^*)

探偵阪井がドラマに集中できませんから(笑)


タグ: 探偵 不倫
posted by 探偵しのぶ at 12:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月19日

会社役員を逮捕=女性社員の遺体遺棄容疑―不倫関係のもつれか・

大阪で行方不明女性の遺体発見、元上司を逮捕
5月18日23時12分配信 読売新聞

 大阪府四條畷市の元会社員、浜地通栄(みちえ)さん(39)が今年1月から行方不明になる事件があり、大阪府警は18日、浜地さんと不倫関係にあった元上司の会社常務執行役員・川上敏彦容疑者(52)(大阪府吹田市佐竹台)の供述に基づき、同府東大阪市内の会社事務所で、浜地さんとみられる女性の遺体を発見した。

 府警は同日、死体遺棄容疑で川上容疑者を逮捕した。遺体の身元確認を急いでいる。

 浜地さんは1月2日、長男(21)、川上容疑者と3人で同府寝屋川市内で夕食をとった後、長男と別れ、川上容疑者の車で自宅に向かったが、長男が同5日に帰宅した際、姿はなく、連絡も取れなくなっていた。府警は浜地さんが事件に巻き込まれたとみて、最後に接触したとみられる川上容疑者から事情を聞いていた。

最終更新:5月18日23時12分

こういう事件は、とってもイヤだ!

男女の事は、付き合っている二人にしか真実はわからない。

しかし、結婚しようと男が言って女性に期待を持たせて付き合っていたら問題だ!?

別れたくなくての犯行なのか?

明日の記事は、もっとくわしくでるであろう。



タグ:逮捕 不倫
posted by 探偵しのぶ at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 不倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月16日

友達の友達が別れさせ屋に依頼

夫に愛人が・・・・

でも、この生活は手放したくない。

医者の妻であることが自慢

世間からも院長夫人ともてはやされている。

夫との関係は冷めているが、離婚する気は全くない。

愛人が妊娠・・・

夫からは別れ話。

どうしても受け入れられない。

許せない妻は、夫と愛人が別れるよう依頼。

   ・・・・・・・??

契約金を聞いて驚きました。

これって、探偵がしてはいけない行為なのに・・・

内心思ったが、だまって話を聞いた。

結果、3カ月後、愛人は酒浸りの日々で飲酒運転で事故。

これって・・・・

探偵業をしていると知らなくてもいいことまでが耳に入る。

『業の深い』職業である。


タグ:別れさせ屋
posted by 探偵しのぶ at 00:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 別れさせ屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月14日

GREEは無料ゲームサイト?出会い系?

アロハ〜(*^_^*)

今日は、楽しいフラのレッスン日。

お茶タイム時間にいろんな話が耳に入ります(^^ゞ

友人のお子さんがGREEで知り合った女性と付き合ったらしい。

そんな事が実際にあるのですね。

ネットの出会いって怖いですよね。

最近は出会いの場が少ないのではなくリアルな会話が苦手なのでは・・・

でも、やはりリアルな出会いが一番です。

posted by 探偵しのぶ at 22:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月11日

浮気男さんから学ぶモテ術ー会話編

アロハ〜〜(*^_^*)

フラが大好きな探偵阪井忍です。

みなさん、ゴールデンウイークいかがお過ごしでしたか。

探偵は、事務所に友人・知人が遊びに来てくれておみやげとおしゃべり三昧な日々を楽しく過ごしていました。

さて、先々週、お話させて頂いた、浮気男さんから学ぶモテ術覚えてますか?

実践して頂いてますか?

笑顔であいさつ出来てますか?

まずは、あなたの大事な家族から

今日はモテ術の会話編です。

探偵目線で検証していきます。

まず1番目は沈黙。

相手の話をだまってうなずいて聴くこと。

あたりまえのようでなかなか出来ていない人が多いです。

特に自分では気づかずに女子に嫌われる男性は・・・

自慢屋さん

浮気男さんは、自分に自身を持っているので、自分が自分がの会話はしません。

とっても聞き上手なんです。

あいづちを打つことよって、「君に関心・話に興味があることアピールできます。」

たとえば「私ゴールデンウイークに奈良に行ってきたの」

「ほう、奈良に」

「奈良の平城京に行ったらすごい人だったわ。」

「平城京」

という感じでどんどん会話が進みます。

三番目

この時のポイントは否定しないことです。否定は理解してもらっていないと相手が感じると会話は、終わりその人との距離が遠くなります。

浮気男さんは、相手の感情察知能力が高いです。

空気が読めるんです。

質問をすることによって相手の感情を引き出します。

「楽しい〜〜」とか「嬉しい」

そして最後に「奈良に行けてよかったね。楽しかったね」とコメントすると

相手はとっても喜び自分を理解してくれたと思います。

これは、探偵業にも通じます。

探偵業は聴くことに始まり聴くことで終わる。


タグ:会話 モテ
posted by 探偵しのぶ at 02:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | エンタメプレゼンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月09日

奈良時代にも不倫?藤原仲麻呂はモテ男さん?

s_P1000173.jpg

探偵は、とっても気になります。

病弱な聖武天皇が大仏造営に力を注いでいる間に

なぜ、光明皇后が仲麻呂に異常に肩入れしたのか?

仲麻呂は、なぜ急に昇進したのか?

藤原家の繁栄のため?

それにしては、ダークホースだった仲麻呂の昇進はめまぐるしい。

実際には二人の仲を証明する文献は残っていませんが、探偵阪井の感で言うと二人の間には、恋愛感情があったのではないかと考えます。

5歳しか違わない甥とおばの関係だから可能性は否定できない
(この時代は近親婚や近親恋愛はあたりまえ)

その理由が

孝謙天皇が即位するや朝廷の組織内に紫微中台という組織が出来る。
(孝謙天皇の両親は聖武天皇と光明皇后)

そのトップが仲麻呂である。

ここでポイント紫微中台とは?

孝謙天皇を補佐するために光明皇太后がつくった組織。

皇太后のもと専制的な機構を新たに組織したかった。

仲麻呂は太政官の議政官であったが位は参議だったのにいきなり中納言にならずに大納言に

想像の域をこえないが、光明皇太后と藤原仲麻呂は、男女関係にあったと探偵阪井は感じる。

すると、仲麻呂の昇進は理解できる(^^)v

なぜなら、光明皇太后没後は仲麻呂は貴族からの支持を得られずに自滅していくから。

あくまでも、光明皇太后が仲麻呂という男に肩入れしていたのではないだろうか?

大仏開眼供養が東大寺で行われた時、光明皇太后と孝謙天皇も当然参列した。

式典後、ふたりが向ったのが仲麻呂の邸宅。

このことについて、京都大学の岸俊夫教授は、

「35歳の独身の女帝が、ときに47歳の仲麻呂の私邸に幸したことについて、二人の間に何か特殊な関係があったようにも推測されているが、所詮たしかめようはない」

と意味深・・・・

いずれにしても藤原仲麻呂はモテ男さんだったと探偵阪井は考えます(^^)v

posted by 探偵しのぶ at 03:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 平城遷都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月05日

平城遷都1300年祭―探偵奈良へ行く

友人のおかげで『平城遷都1300年祭』開催前に体験・見学が出来本当によかったです。

s_P1000175.jpg

くわしくは以下も見てね。
http://ameblo.jp/tantei-sakai/theme-10021735825.html


おみやげ屋さんで本を購入しました。

『平城京の歴史』
河合 敦著
s_P1000189.jpg

「世界一受けたい授業」などに出演し、やさしい語り口で人気のあった河合敦さん著です。

とっても、わかりやすく、本著の目次にもある通り5分で平城京の時代がわかります。

おおげさでなく本当に(*^_^*)

奈良時代と言えば天平文化で華やかなイメージですが、超格差社会だったんです。

庶民は重税と労役・兵役でくたくた、逃亡するものが多かったようです。

なのに、遷都事業や大仏造立などの箱物行政は、盛ん。

なんだか、現代にも通ずるものが・・・・(笑)

平城京には、どんな人が住んでいたのか?

トップは都の主で天皇である。

そして、皇子・皇后・天皇家の血族である皇族。

天皇のもとで政治を行う人達を官人(役人)

官人には位階と言われるランキングがあり、位によって役職も決まり給料も決まる。

ランキングは30段階に分けられていて5位以上の人達を貴族とよんだ。

生まれた時から身分が決まっているなんて、生きづらい時代です。

しかし、下級官人で商売上手な人は上手くお金を貯め官位を買ったりしていた。

いつの世も「お金次第です」

土地を献上したりして地位を得る人も・・・

いつの世も「土地成金貴族」

奈良にはなぜ大きな寺院が多い?

法隆寺・薬師寺・東大寺ともかく広くって大きい。

これは、朝廷の権力・貴族の権威を示すものであったようだ。

その為に庶民は労役に苦しみ・税に苦しむことに

現代社会にも通じるものが・・・・

次回は探偵から見た「藤原仲麻呂」と「光明皇后」は、あやしい関係!?



posted by 探偵しのぶ at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 平城遷都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月02日

不倫調査ファイルー泣く女編(完)

泣く女さんは、どうしていいのか?

自分でもどうしたいのか?

とっても、混乱していました。

少し落ち着くまで何度か泣く女さんに会って話を聴いていくことに・・・

探偵とは、人の心に寄り添い話を聴くカウセリング業なのです。

何度か話を聴く事によりいろいろ見えてきました。

泣く女さんは、不倫相手と会うなんて気持ちは全くなく、むしろ、疎ましく思いはじめていたので、メールアドレスの変更と携帯番号の変更を実行。

慰謝料については、「マキロン」さんがコメントされている通りなので心配しなくていいと説明

ただし、離婚の時に不利にならない方法を探偵流に伝授。
これは、秘密

あと、泣く女さんと夫さんとの関係は、夫さんが離婚するとは言ってないので、夫さんには、不貞行為に関しては触れずに、今困っている現状を話すよう泣く女さんへアドバイス。

夫さんに話す内容もアドバイス!!
(正直、こう言うパターンのアドバイスは、内心あまりしたくなかったです。不倫するのがよくない行為なので)

泣く女の夫さんの理解と協力のもと泣く女夫妻は引っ越することに。

住所がわからないように探偵流アドバイス。

探偵から追跡されないよう、会社にも迷惑をかけずにすむ方法をアドバイス。

しかし、「夫さんと生活を続けていく自信がない」と泣く女さんが訴えるので探偵阪井からのアドバイスで夫さんと話し合い離婚へ

新たな人生のスタートをすることに・・・・・

後日、就職先の決まった泣く女さんが阪井忍調査事務所に来所。

とっても、明るくなっていたので、嬉しかったです(*^_^*)

不倫は、社会道徳に反すると理解できても

恋に落ちてしまう人達

不倫は、自分だけでなく周りの人の心も身体も傷つけてしまいます。

そして、不倫の代償は大きいです。

わからなければいいと考えて不倫している人。

わかっているけどだまって耐えている人

夫婦は様々、でも浮気の代償は、必ずあります。

失っているものが多いはず。

きっと、心が離れているはず。

それは、子ども達の成長にも大きくかかわります。

『泣く女』件、これにて解決
タグ:夫婦 浮気 不倫
posted by 探偵しのぶ at 20:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 不倫する女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月29日

不倫調査ファイルー泣く女編A

不倫から1年後

なんと、相手の妻は、泣く女さんの会社へ不倫しているとのFAX送信。

1日に数枚・・・・

内容は、W不倫していた二人のメール内容

どっひゃ〜〜〜

女性のみ実名で相手の男性の名前はなし

つまり、夫の名前は公表せずに泣く女さんだけが悪者に

さらに、彼女の実家に手紙を郵送

内容は、すごい言葉なので書けません(とほほ)

手紙の最後には、必ず・・・・

夫に近づくな。

もし、近づいたら訴える・・・・
(実際に手紙を読みましたが汚い字でした。負の念が字に表れています。)

彼女の自宅に深夜から明け方まで無言電話(時々)

泣く女さんは、会社を退職する。

でも、相手の男性は勤務したまま

なぜ、彼女の実家がわかったのかは謎です。

泣く女さんが、男性に話した記憶はあるらしいですが、番地までは?

しかも、恐いのは、泣く女さんの旧姓で手紙が出されていたこと。

メール内容から、男性は、妻に土下座して謝り、あげく問い詰められ泣く女さんの名前も自ら話したと。

なんちゅう男や

不倫して問い詰められて相手の名前とか住所教えるなんて・・・・
(このパターンは、結構あります。)


・・・・・・


泣く女さんは、相手の妻から慰謝料請求されないか?

びくびくの日々。

夫にも相手の名前が知れないかと日々不安。

そんなこんなでゴタゴタしているのに相手の男は、能天気に泣く女さん宛てにメールを

信じられない???

この男は、何考えてるのか?

内容は・・・・

「どうしてる?元気?妻とは離婚しようかなと思っている。ゆっくり会わへんか」

さすがに彼女は、返信せずにいたら、今度はPCに長いメールが・・・・

妻に浮気がバレた次の日から、毎日、妻が

「これ、あの女が使ったやろ。捨てるわ」と言って

食器からベット・あらゆるものを捨て出したと・・・

ついには、この家も汚いと言って削ったりたたいたり

メールを読んでから彼女は、ますます恐くなり、事実はどうか?

以前住んでいる所にまだ、居住しているのか?

離婚したのか?

どうしているのか?

気になり相談の電話をしてきたとのこと

つづく
タグ: 不倫 浮気
posted by 探偵しのぶ at 08:33 | Comment(6) | TrackBack(0) | 不倫する女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年04月27日

不倫調査ファイルー泣く女編@

桜の舞い散るこの季節になると必ず思い出す。

どうしているのだろうか・・・・・


電話のコール音

声が小さく聞き取れない

探偵事務所は、し〜〜〜〜ん

「今、どうしているか調べられますか?」

「誰をですか?」

「男の人・・・・」

「その人の住所ですか?勤務先ですか?」

「あのう・・・・」

すすり泣く声・・・・


「どうしていいのか・・・・」


相談者の女性は、阪井忍調査事務所へ来所

モデルのようなスタイルで背も高い

綺麗な脚に探偵阪井の目はくぎ付け
(足の露出度が高い、私はおっちゃんか???)

お顔立ちも知的でメガネがよく似会う美人。

20歳代後半かな?

なんと年齢を聞いて30歳中・・・・

スッピンだけどお肌もきれい。

「すみません。急で・・・」

「どうしていいのか?毎日毎日が・・・」

「夫は、とっても良い人なので、何も知らせたくないんです。」

「離婚しようと考えています。」


「どうしていいのか・・・・」

泣きだす女性。

なんだか、抱きしめてあげたくなるような・・・・女性



泣けることは、素敵です。

気持ちが涙であらい流されていくから・・・・

涙をこらえると、どんどん、『思い』・『哀しみ』『想い』が内へ内へと入り込み心が疲れてしまいます。



しばらくして・・・・

彼女は、話をはじめました。

夫とは同じ会社勤務で、夫と共通の友人(男性)と恋に落ち愛し合うように。

男性(友人)の結婚式には、夫婦で参列。

家族ぐるみのおつきあいが・・・・・

そして、友人の妻が妊娠・出産の時に、彼の自宅であま〜〜い生活。

そして一年後・・・・・

男の嫁がとった衝撃な行動は・・・・・

つづく









タグ:不倫
posted by 探偵しのぶ at 10:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 不倫する女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。