阪井忍調査事務所 http://tantei-sakai.com/
CAKDLO25.jpg
人探し・浮気調査女流探偵阪井忍の裏話
http://ameblo.jp/tantei-sakai/
大好きなフラのこと、日々の思いなどをつづってます。揺れるハート
CAGT397K.jpg
2010年05月09日

奈良時代にも不倫?藤原仲麻呂はモテ男さん?

s_P1000173.jpg

探偵は、とっても気になります。

病弱な聖武天皇が大仏造営に力を注いでいる間に

なぜ、光明皇后が仲麻呂に異常に肩入れしたのか?

仲麻呂は、なぜ急に昇進したのか?

藤原家の繁栄のため?

それにしては、ダークホースだった仲麻呂の昇進はめまぐるしい。

実際には二人の仲を証明する文献は残っていませんが、探偵阪井の感で言うと二人の間には、恋愛感情があったのではないかと考えます。

5歳しか違わない甥とおばの関係だから可能性は否定できない
(この時代は近親婚や近親恋愛はあたりまえ)

その理由が

孝謙天皇が即位するや朝廷の組織内に紫微中台という組織が出来る。
(孝謙天皇の両親は聖武天皇と光明皇后)

そのトップが仲麻呂である。

ここでポイント紫微中台とは?

孝謙天皇を補佐するために光明皇太后がつくった組織。

皇太后のもと専制的な機構を新たに組織したかった。

仲麻呂は太政官の議政官であったが位は参議だったのにいきなり中納言にならずに大納言に

想像の域をこえないが、光明皇太后と藤原仲麻呂は、男女関係にあったと探偵阪井は感じる。

すると、仲麻呂の昇進は理解できる(^^)v

なぜなら、光明皇太后没後は仲麻呂は貴族からの支持を得られずに自滅していくから。

あくまでも、光明皇太后が仲麻呂という男に肩入れしていたのではないだろうか?

大仏開眼供養が東大寺で行われた時、光明皇太后と孝謙天皇も当然参列した。

式典後、ふたりが向ったのが仲麻呂の邸宅。

このことについて、京都大学の岸俊夫教授は、

「35歳の独身の女帝が、ときに47歳の仲麻呂の私邸に幸したことについて、二人の間に何か特殊な関係があったようにも推測されているが、所詮たしかめようはない」

と意味深・・・・

いずれにしても藤原仲麻呂はモテ男さんだったと探偵阪井は考えます(^^)v

posted by 探偵しのぶ at 03:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 平城遷都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2010年05月05日

平城遷都1300年祭―探偵奈良へ行く

友人のおかげで『平城遷都1300年祭』開催前に体験・見学が出来本当によかったです。

s_P1000175.jpg

くわしくは以下も見てね。
http://ameblo.jp/tantei-sakai/theme-10021735825.html


おみやげ屋さんで本を購入しました。

『平城京の歴史』
河合 敦著
s_P1000189.jpg

「世界一受けたい授業」などに出演し、やさしい語り口で人気のあった河合敦さん著です。

とっても、わかりやすく、本著の目次にもある通り5分で平城京の時代がわかります。

おおげさでなく本当に(*^_^*)

奈良時代と言えば天平文化で華やかなイメージですが、超格差社会だったんです。

庶民は重税と労役・兵役でくたくた、逃亡するものが多かったようです。

なのに、遷都事業や大仏造立などの箱物行政は、盛ん。

なんだか、現代にも通ずるものが・・・・(笑)

平城京には、どんな人が住んでいたのか?

トップは都の主で天皇である。

そして、皇子・皇后・天皇家の血族である皇族。

天皇のもとで政治を行う人達を官人(役人)

官人には位階と言われるランキングがあり、位によって役職も決まり給料も決まる。

ランキングは30段階に分けられていて5位以上の人達を貴族とよんだ。

生まれた時から身分が決まっているなんて、生きづらい時代です。

しかし、下級官人で商売上手な人は上手くお金を貯め官位を買ったりしていた。

いつの世も「お金次第です」

土地を献上したりして地位を得る人も・・・

いつの世も「土地成金貴族」

奈良にはなぜ大きな寺院が多い?

法隆寺・薬師寺・東大寺ともかく広くって大きい。

これは、朝廷の権力・貴族の権威を示すものであったようだ。

その為に庶民は労役に苦しみ・税に苦しむことに

現代社会にも通じるものが・・・・

次回は探偵から見た「藤原仲麻呂」と「光明皇后」は、あやしい関係!?



posted by 探偵しのぶ at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 平城遷都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。