阪井忍調査事務所 http://tantei-sakai.com/
CAKDLO25.jpg
人探し・浮気調査女流探偵阪井忍の裏話
http://ameblo.jp/tantei-sakai/
大好きなフラのこと、日々の思いなどをつづってます。揺れるハート
CAGT397K.jpg
2010年04月03日

『姦通罪』があったなんて・・・・

調べものをしていて、びっくりしました!!

時代劇の中にしか存在しないと思っていた『姦通罪』

な・なんと・・・

刑法第183条

夫のある女子が姦通したときは二年以下の懲役に処す。

その女子と相姦した者も同じ刑に処する。

前項の罪は夫の告訴がなければ公訴を提起することができない。

ただし、夫自ら姦通を認めていた時は、告訴は効力を有しない。


これって、変!!

なんで、妻は、夫を訴えられないの?

既婚の夫の浮気は容認され、既婚女性が浮気するのは、ダメ。

不倫は、ひとりでは成立しない。

相手があってこそなので、既婚男性も既婚女性もダメでしょう。

それこそ男女平等に反する法です。

探偵阪井はすべてに男女平等をと言っているのではありません。

浮気は、双方の合意で成り立っているので、女性だけダメなんて・・・

姦通罪の廃止

第二次世界大戦後、1947年に施行された日本国憲法には男女平等が定められ(14条)、姦通罪は同条に違反するとされた。

一部には「妻のある男性にも平等に適用するように改正すれば、憲法に違反しない」とする意見もあったが、同年10月の刑法改正によって姦通罪は廃止された。

これって納得いかないですぅ。

やはり、男性側の都合でしょうか?(笑)

姦通罪が今もあったら、警察は大変でしょうね。

立証しなければならいし、逮捕される人、半端じゃない数で、すごいでしょうね(笑)

参考までに、現在でもイスラム圏では、姦通罪を定める国が多く姦通罪は重罪とされ、姦通罪で死刑に処せられることもありお隣の韓国においても、姦通罪が定められているそうです。

現在の日本では、刑事責任を問われることはない。

しかし、浮気は犯罪行為・刑事罰に問われなくても、道義的には、問題のある行為であり、その代償は大きく家庭を崩壊させる危険をはらんでいます。

浮気をする人にとっては、それがスリルであり、人妻(人夫)だから燃えるという人もいますが、信用は、一度なくすとかなりのダメージにつながり経済的にも打撃を受けることにもなりますので、ご用心。

あなたは、探偵に尾行されているかも・・・・

浮気調査は、阪井忍調査事務所へ

タグ: 不倫 浮気
posted by 探偵しのぶ at 23:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 姦通罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「姦通罪」があれば浮気や不倫は減るでしょうね。
それでもやめられないかたもいらっしゃるでしょうが・・・。(探偵の出番です!!)
やはり、戦後廃止されたのは男女平等というより
「男の都合」のように感じます。
愛情も思いやりもなく浮気をくりかえす。
または、運命の人に出会ってしまい(本人の勘違い=熱にうなされているだけのときも)深い悩みをかかえつつも不倫に走る。
事情は違うのかもしれないけれど
間違いなくそのことで傷つく人はいるはず。
「愛の流刑地」を思い出しました。
Posted by morinobu at 2010年04月04日 08:38
morinobuさま
さすが映画通ですね。
探偵阪井は、『愛の流刑地』は観てはいませんが。予告編は、みました。

>間違いなくそのことで傷つく人はいるはず。
有難うございます。
その通りです!!

Posted by 探偵しのぶ at 2010年04月04日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145539530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。