阪井忍調査事務所 http://tantei-sakai.com/
CAKDLO25.jpg
人探し・浮気調査女流探偵阪井忍の裏話
http://ameblo.jp/tantei-sakai/
大好きなフラのこと、日々の思いなどをつづってます。揺れるハート
CAGT397K.jpg
2010年02月14日

プレゼンはライブだ!!

今日も楽しい・面白い、フクミツ「エンタメ」プレゼンター養成スクールに行って来ました(^^)v

受講生の人達がどんどん上達していくのが、毎週感じられ、探偵阪井はドキドキわくわくの土曜日です。

『お題』をもらって、さらに自分で『テーマ』をもってプレゼンする。

【わかりにくいこと】を【わかりやすく】伝えるのがキー

な・なんて言われてもねぇ・・・・とほほ

「プレゼンターにルールはない」
でもでも・・・・話す切り口は、必要なので・・・・毎週、脳みそピリピリのパンパン

お題は【インパナトーレ】
インパナトーレと聞いて探偵阪井は、正直顔が??  何語?

インパナトーレとは、イタリアの繊維産地・プラートで発祥した職業。

元々“何でも屋”的な性格が強かったが、1970年代にコーディネーターとしての役割が強まり、新製品の開発の原動力となる。

生産設備を持たず、 製品を企画、提案する。

サンプル作成を生産者に依頼し展示会や見本市で注文を取り、工程ごとの専門業者を組織する。

それぞれの工程で高い技術やノウハウを選んで組み合わせることで、新しい素材や斬新な企画が可能になる。

インパナトーレ・・・・すばらしいです。

市場で求められているものを企画し、プロジェクトチームを組織し商品を作り売る。

ジャンルを問わず企画・プレゼン力・人とのつながりがあれば資本がなくても起業できそうですね(笑)

単独では、困難な企画が複数の個人事業主、中小企業のコラボレーションにより実現しやすくなります。

みんなが幸せにそして利益も得られる。

インパナトーレなんて素敵な職業。

ノウハウと知識を生かし企画する。人を組織する力そしてプレゼン力があれば、身体ひとつで出来る次世代の職業かな(笑)

今日も探偵阪井は、ノウハウと知識を生かし調査します。

posted by 探偵しのぶ at 01:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | エンタメプレゼンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、”インバナトーレ”初めて聞きました。
色んな職業があるのですね、しのぶ様の説明で勉強になりました♪
Posted by マキロン at 2010年02月14日 16:47
こんにちは
インパナトーレっていいですね。

プロの技術をうまく融合させるプロデューサー

僕もFPのインパナトーレを目指します。

ではまた!!
Posted by SON at 2010年02月15日 00:03
マキロンさま
ほんとに、いろんな職業がありますよね。
私もいろいろ学ぶことが多いです。
Posted by 探偵しのぶ at 2010年02月17日 00:37
SONさま
いろんな企画楽しみにしております。
インパナトーレ(*^_^*)
Posted by 探偵しのぶ at 2010年02月17日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141065207

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。