阪井忍調査事務所 http://tantei-sakai.com/
CAKDLO25.jpg
人探し・浮気調査女流探偵阪井忍の裏話
http://ameblo.jp/tantei-sakai/
大好きなフラのこと、日々の思いなどをつづってます。揺れるハート
CAGT397K.jpg
2010年02月01日

MASUTERキートンから学ぶ『ロイズ保険組合』

福満『エンタメ』プレゼンター養成スクールで、先週、「ロイズ保険組合」を3分間プレゼンして下さいの宿題があり、受講生は

えぇぇぇぇ〜〜〜〜〜〜〜

し・か・し・・・探偵阪井は、ピコ〜〜〜ンひらめき

大好きな漫画『MASUTERキートン』これだわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

主人公は、考古学者にして保険調査員、そして元SASの教官というキャリアをもつ男、平賀=キートン・太一。

彼は、遺跡発掘調査の費用を稼ぐために、意にそわない仕事をクライアントから請け負っている。

それが「ロイズ保険組合」

ここで探偵阪井は、ようやく気付きましたたらーっ(汗)

大好きな漫画『MASUTERキートン』をプレゼンするのではなく課題は「ロイズ保険組合」。

が〜〜〜んあせあせ(飛び散る汗)

ロイズの由来は、1688年に、ロンドンでエドワード・ロイドという人が埠頭でコーヒーハウスを開店。

そこへ、客として貿易商や船員などが集まるようになりロイドは、店内で最新の海事ニュースを提供し店は繁盛。

次第に保険引き受け業者が集まり、保険の取引場所となる。

ロイドの死後、取引の場を失った保険業者が資金を出し合って、ロイドコーヒハウスを存続、自分達の為に人を雇ってコーヒーハウスを開かせた。

その後、コーヒーハウスではなくなったが、ロイズの名前はそのまま引き継がれた。

一軒のコーヒーハウスから始まった保険取引の場は、ロンドンのシティの中心に立つハイテクビルに・・・・・
s_ろい4.jpg
s_2ろい.jpg
s_ろい3.jpg

これは、ロイズの外観です(見る角度によって姿が違います)

「まるで石油コンビナートみたいだ」とイギリスのチャールズ皇太子が表現したのは有名な話。

配管や設備類が外部に出ているため建物はデコボコしています。

水道管などのメンテナンスを考えてのデザインと建物内の空間を働く人のみに完全に確保(情報の漏洩対策)この2つのポイントがロイズの建物のデザイン特徴。

保険は元々「賭け」からはじまっている。

個々の取引でみると、その取引の対象となる事故の発生は偶然によって左右されるから、取引の当事者の行為には賭博(とばく)性を伴っている。

生命保険も火災保険も一定の期間に何も起こらない、何かあったら保障してね。

やっぱり「賭け」ですねわーい(嬉しい顔)

ロイズ保険組合は、通常の保険会社とは違い、ロイズ保険組合が保険引き受け業務を行うものではありません。

つまり、ロイズは、保険会社ではないexclamation×2

ロイズ保険組合は、ロイズ保険組合のビルを所有し、取引の場と保険引き受け業務に関する事後処理サービスを提供するために存在しています。

s_8ろい.jpg

ロイズの建物の1階には鐘(ルーティンベル)が置かれており、海難事故などの発生を報せる。

タイタニック号の沈没の際も鳴らされた。

この鐘は、当時とは違って今は、使用される機会はあまりなく、英霊記念日やロンドンでの2005年のテロ被害者の黙祷の際など記念日的な行事に鳴らされる。

ロイズが扱う保険金には上限がないため、アンダーライター(保険引き受業者)は、とてつもなく有能な調査員を雇っている。

ロイズの調査能力は、凄い!そして半端じゃない!!

現実に平賀=キートン・太一のような人がロイズで働いているのかもパンチ

そして、探偵阪井の調査も半端じゃない!!

posted by 探偵しのぶ at 03:00 | Comment(9) | TrackBack(0) | エンタメプレゼンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
サイト運営をしている者なのですが、相互リンクしていただきたくて、コメントいたしました。
下記のURLから、相互リンクしてもらえると嬉しいです。
http://hikaku.link-z.net/link/register.html
ご迷惑だったらすみません。突然、失礼しました。
yeZKOrCS
Posted by yujin at 2010年02月01日 08:02
こんばんは、この記事拝見して、”坂井忍探偵事務所”の半端ない調査力が想像できました♪
Posted by マキロン at 2010年02月01日 20:39
こんにちは

マスターキートンは面白いですよね。
友達に全巻かりていっき読みしたことを思い出しました。

コミックのツボがしのぶさんと似てるような気がします。
最近は全くコミックを読まなくなりましたが
昔はバカみたいに読み漁ってた時期がありましたからね。


ではまた!!
Posted by SON at 2010年02月02日 02:41
SONさま
やはり、「マスターキートン」読まれてましたね(*^_^*)

私、いまだにコミック読んでますよ(^^)v
コミック好きスタッフがいますから。
Posted by 探偵しのぶ at 2010年02月02日 23:13
ロイズ保険組合もマスターキートンも聞いたことあるかな?くらいでしたが、今日の記事を読んで、興味わきました。

マスターキートン、読んでみようっかな。

それにしても、しのぶさんも、いろんなことに挑戦してますよね♪負けてられませんわ(笑)
Posted by 悠華 at 2010年02月03日 22:35
悠華さま
コメント有難うございます。
マスターキートンは、お薦めです。
探偵業は、雑学でないと業が成り立たないので皆、好奇心旺盛・チャレンジャーですよ(^^)v
悠華さんは、留学し、さらに語学力のアップですね。
悠華さん、素敵です!!
Posted by 探偵しのぶ at 2010年02月04日 02:31
マスターキートン、見つからないと思っていたら、絶版になってますね。

図書館で15-17巻だけ借りれました。
今、読んでます♪
Posted by 悠華 at 2010年02月20日 17:26
悠華さま
マスターキートン・・・
絶版ですかぁ〜〜(とほほ)

私は、昔、友人から全巻借り切って読みました。
そうですかぁ・・・
絶版・・・がっくりです。残念です。

Posted by 探偵しのぶ at 2010年02月22日 23:57
マスターキートン完全版おめでとう
Posted by at 2011年12月12日 23:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。